海外から見た異常な日本の睡眠事情

こんにちは、かえでです。

今日は、海外から見た
日本の睡眠事情の異常さについてお話します

海外と日本の睡眠事情って
だいぶ違うんですよ。

睡眠時間も認識も。

特に認識が違うから
日本は『睡眠不足大国』と
なっているんだと思います。

睡眠時間の話をすると、
海外では
アメリカの睡眠時間は平均8時間30分、
急成長を遂げる中国・インドは
それぞれ9時間2分と8時間56分です。

僕たちの感覚からすると
寝すぎやん!
って思いますよね。

でも実際のところ、
アメリカも、インドも、中国も
山ほど優秀な人材を排出し続けています。

だから寝すぎているからと言って
決して怠惰なわけでもありません。

むしろ彼らの中には
『しっかり寝るからこそ
高いパフォーマンスが発揮できる』

という認識があるからこそ
寝ているのです。

例えば、睡眠時間が平均8時間22分の
ドイツの作業効率は、
日本のおよそ1.6倍といわれています。

この作業効率の差は
とてもじゃないですが
1時間や2時間睡眠時間を削って
補えるようなものではありません。

むしろ、仕事での作業効率低下や
無駄なミスの頻発は
作業時間をさらに増やしてしまい、

自分で自分を縛り付けているような
状態になってしまっています。

認知症をはじめとした病気のリスクも上がります。

だから、海外の人から見ると
日本の満員電車の光景は
相当異常なものに映るそうです。

死んだような顔で
つり革につかまるサラリーマンや

座席に座った瞬間爆睡し始めるOLとか、
「寝不足なら帰って寝ろ」
ってレベルらしいです。

僕たち日本人の間では、
『睡眠時間を削ってでも頑張る』
って考え方があるじゃないですか。

むしろ
「6時間以上寝る奴は怠慢だ!」
くらいの勢いで。

そんな状況だから
長時間寝ることには
抵抗ありますよね。

でも、よく考えてみてください。

睡眠以外に削れる時間って
以外にありませんか?

夜帰宅してからというもの、

ゆっくりと夕食を食べ、
少しの間グダグダ。

テレビやYouTubeを見るのも日課だし、

寝る前のSNSのチェックは欠かせない。

よく考えれば削ることのできる時間なんて
たくさんあるんですよ。

でも削れないんです。
楽しいし、それがストレス解消になっているから。

しかし、実はこれは大嘘です。

スマホをいじるのは楽しいです。

気分的にはリフレッシュしている気になりますが、
実際はリフレッシュになんてならないし

むしろ尋常じゃないくらい
頭を使っているので
かなり疲れた状態になってしまいます。

だからむしろ
疲れる一方だし、
眠る前に電子機器をいじれば
睡眠の質は下がるし、
何もいいことはありません。

スマホをいじるより、
遥かに疲れをとる方法があります。

それが睡眠です。

疲れの取れ具合としたら
睡眠>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>スマホやテレビ
といった感じです。

もちろん、どうしてもやりたいことがあって
睡眠時間を削るのはわかります。

ただ、一度胸に手を当てて考えてみて下さい。

本当に睡眠時間以外に削れる時間はないのかと。

真剣に自分と向き合えたなら、
きっとあなたの生活は変わります。



生活の質を最短で爆上げするには

 

大学生になってからの僕は
大きな環境の変化、増えすぎた人間関係、
きつい居酒屋バイトからくるストレスに耐え切れませんでした。

 

バイトでは怒られてばかり。
頭が働かないけど、ミスは言い訳できない。
誰も理解してくれない。

 

友達と話すのも嫌で
勉強にも手が付かず
憂鬱な毎日でした。

 

そんな僕は、いま、
ストレスをもろともしない鋼のメンタルを手に入れ、
以前の僕からは考えられないくらい
あらゆることに意欲的に取り組み、
バリバリとこなすことができています。

 

以前であれば落ち込んでいた、諦めていた
そんなことにも取り組んでいる自分に驚きです。

 

充実感と幸せであふれた今の生活が
あまりにも素敵でたまりません。

 

サークルでは面白い先輩、かわいい女の子に囲まれ
幸せに満たされてぐっすり眠れています。

 

ハッキリ言って

 

僕の人生の中で、今がいちばん幸せです。

 

今の生活を手に入れることができたのは
ひとえに睡眠から徹底的に良くしようと
努力してきたからです。

 

僕の手に入れたこの幸せを
あなたも体験してみませんか??

 

まずは確かめてみてください。

 

今だけ期間限定で、

 

『何もやりたくない』無気力状態に陥った僕が
快眠、鋼のメンタル、超集中、そのすべてを手に入れようと
奮闘して練り上げた、確実に使えるドーピング並みの効果をもたらす
ノウハウをまとめた電子書籍、
『Relaxation Provider』を無料でお渡ししています。

 

→電子書籍『Relaxation Provider』を無料で読んでみる

メールアドレスの入力だけで、30秒以内に受け取れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です