ベンチ温め役からキャプテンになれたたった1つの方法

僕はサッカーが大好きで、

中学校から高校にかけての6年間は

サッカーに熱中していました。

 

それも途中からは

キーパーをやってきました。

 

 

僕の学年にキーパーがいなかったこと、

シュート練習の時キーパーをやってみたら

意外にうまかったことから、キーパーをやることにしました。

 

 

キーパーって、手を使うからサッカーっぽくないし、

一人だけダボダボした長袖の色違いユニフォームだし、

得点決められたらすぐキーパーのせいにされるし、

やりたがる人って少ないんですよね。

 

最初は僕もダセえなって思ってたし、

あまり気乗りはしませんでしたが、

それでも試合に出たくてやることにしました。

 

 

中学3年生になって、

僕たちの学年にはキーパーは僕しかいなかったこともあり、

試合にはフル出場。

 

僕のチームには、ゴールを量産してくれる子と

鉄壁の守備陣ができ上っていたので

ほとんど負けることもなく、その現状に満足していました。

 

 

 

そして高校へ進学。

 

高校は比較的サッカーの強いところで

40人規模のチームでした。

 

 

中学校と違っていたのは、

チーム全体のレベルがかなり高かったことです。

 

 

それは周りの学校も同じことで、

 

どんなにゴールを決めてくれる人がいても

どんなに優秀なディフェンスがいても

キーパーがうまくないと負けてしまいます。

 

 

練習や練習試合に出させてもらって気づいたんですけど、

今まで周りのうまい人に頼りきりだった

僕の実力なんて本当に大したことなくて、

 

周りとの差にすっかり怖気づいてしまい

プレー中もミスばっかりしていました。

 

 

人数のわりにキーパーは3年生に1人いただけで

6月で引退してしまったので一緒に練習できたのは、たったの2か月。

 

あたふたしていた僕にとって

2か月なんてあっという間に終わり、

ほとんど学ぶことができないままでした。

 

一つ上の先輩たちは、かなり精鋭ぞろいというか、

本当にうまい人ばかりで、

 

そんなチームで僕がキーパーを任されることに

強い負い目を感じていました。

 

 

みんなが一生懸命やっているのに、

 

僕のせいで負けてしまう。

 

このままだと、チームに迷惑かけたまま終わってしまう。

 

 

不甲斐ない自分のプレーをどうしても変えたくて、

今まで以上にキーパーに全力で取り組みました。

 

 

誰もキーパーのことを教えてくれる人が

いないなかで、僕が何をしたかというと、

 

 

自分でキーパーのマニュアル本を買ったり

YouTubeのプロの動画をひたすら見て

研究しまくりました。

 

 

ポジションの取り方、指示の出し方

体の使い方、ボールの蹴り方、投げ方。

 

 

プロが僕に憑依する域を目指そうとしました。

 

 

だから、重心の取り方や関節の向き、動かし方などの

細部まで徹底して真似しようとしました。

 

 

今までの自分の動きとは

まったく逆のこともあったりして

最初は慣れませんでしたが、

 

そこはもう、ひたすら

練習量でカバーして体にしみこませました。

 

 

朝は7時30分から練習がありましたが、

一人だけ7時前からひたすらボールを蹴ったり

何もない固い地面に飛び込んだりしていました。

 

夜は練習後に、友達や顧問の先生に付き合ってもらって

10本連続で止められるまで帰りませんでした。

 

 

正直なんでその動きをするのか

わからずにやっているときもありましたが、

 

やればやるほど気づいていくんです。

 

ああ、この動きをすることで

こんなメリットがあるんだな、と。

 

 

そんなこんなで、2年生になる頃には

僕のプレーは相当なレベルになっていました。

 

 

そして、格上の強豪校のチームと試合した時のことです。

結果としては0-1で負けてしまいましたが

 

その試合は自分でも驚くほど

ファインプレーが飛び出して、約30本のシュートを

1点に抑えられました。

 

その時は味方だけではなく、

相手のチームの選手や監督からもプレーを称賛されました。

 

まさに、プロが自分に乗り移ったんじゃないか

って思った瞬間でした。

 

それからというもの、

 

誰よりも真剣に打ち込んできた努力と

キーパーの実力が認められて

キャプテンを任されることになりました。

 

まさか、いままで周りについていけず

失望させてばかりいた僕が

 

チームを引っ張っていく立場になるなんて

思ってすらいませんでした。

 

 

ここまで僕のサッカー人生について話しましたが、

 

サッカーに限らず、何をやるにしろ

全力で「模倣」するって

大事なんじゃないかなって思います。

 

 

先ほど話したように、

プロの人の動きと、素人の僕の動きって

真逆の思考、真逆のプレーをすることがあります。

 

僕のような素人は、目先だけを見て

簡単な方を選んでしまいがちです。

 

しかしプロの方は、遥か先を見越して動いています。

 

一見無駄の多いプレーのように見えていたものが

後になって、どこまでも洗練されたプレーだと気づきます。

 

 

これは睡眠に関しても一緒で、

 

睡眠をきっかけとして

今までのつまらない人生を変えるためには

 

実際に睡眠を通して大きく変わっている人を

お手本にすればいいんじゃないかって思うんです。

 

 

そうすれば、

 

睡眠の悩みの根底にある部分がなんなのか、

改善するためには何が必要か

 

ということがおのずと明確になります。

 

成功者を模倣することが、迷うことなく改善できる、

まさに最短最速の改善法ではないでしょうか。

 

 

僕はもともと

昼夜逆転しつつある生活、

どんなに頑張ってもできないバイト、

やる気が出ずにはかどらない勉強

うまくいかない人間関係に悩まされてきましたが

 

今では

たくさんの友達に囲まれて

いっさい悩みのないストレスフリーで

充実した生活を送ることができています。

 

 

そんな僕だからこそ、

睡眠に悩みを持つ方、

日常に不満を持つ方、

もっともっと自分の成長を望む方のために

お伝えできることがあります。

 

 

メール講座の方でブログではお伝え出来ない

具体的にやるべきことなどをお伝えしていますし

いまだけ僕の電子書籍をお渡ししています。

 

くわしくはこちら



生活の質を最短で爆上げするには

 

大学生になってからの僕は
大きな環境の変化、増えすぎた人間関係、
きつい居酒屋バイトからくるストレスに耐え切れませんでした。

 

バイトでは怒られてばかり。
頭が働かないけど、ミスは言い訳できない。
誰も理解してくれない。

 

友達と話すのも嫌で
勉強にも手が付かず
憂鬱な毎日でした。

 

そんな僕は、いま、
ストレスをもろともしない鋼のメンタルを手に入れ、
以前の僕からは考えられないくらい
あらゆることに意欲的に取り組み、
バリバリとこなすことができています。

 

以前であれば落ち込んでいた、諦めていた
そんなことにも取り組んでいる自分に驚きです。

 

充実感と幸せであふれた今の生活が
あまりにも素敵でたまりません。

 

サークルでは面白い先輩、かわいい女の子に囲まれ
幸せに満たされてぐっすり眠れています。

 

ハッキリ言って

 

僕の人生の中で、今がいちばん幸せです。

 

今の生活を手に入れることができたのは
ひとえに睡眠から徹底的に良くしようと
努力してきたからです。

 

僕の手に入れたこの幸せを
あなたも体験してみませんか??

 

まずは確かめてみてください。

 

今だけ期間限定で、

 

『何もやりたくない』無気力状態に陥った僕が
快眠、鋼のメンタル、超集中、そのすべてを手に入れようと
奮闘して練り上げた、確実に使えるドーピング並みの効果をもたらす
ノウハウをまとめた電子書籍、
『Relaxation Provider』を無料でお渡ししています。

 

→電子書籍『Relaxation Provider』を無料で読んでみる

メールアドレスの入力だけで、30秒以内に受け取れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です