【新発見】よくわからない不調の原因:うつ病炎症モデル

こんにちは、かえでです。

 

なんかよくわからんけど調子が悪い。

何もないのに気分が落ち込みやすい

寝ても寝ても疲れが取れない。

 

挙句の果てには、「鬱かな・・」と疑うように。

 

これらの不調の原因って、

いったい何なんでしょう??

 

うつ病の原因は、ストレスです!

とか言われても、

 

「なんでストレスが加わるとうつ病になるんですか?」

「ストレスあってもうつ病にならない人がいるのはどうしてですか?」

 

って感じで疑問が残りますよね。

 

 

なんと、この疑問を解決するための

『うつ病炎症モデル』というものが発見されたので、

今日は簡単にそのお話をしていきます。

 

もちろん、うつ病だけでなく

様々な不調に当てはまることですので、

サクッと見てもらえたらうれしいです。

 

 

うつ病の炎症モデルって?

 

例えば、

風邪をひいたときには喉が腫れますよね。

 

あれは僕たちの体が菌と戦っている証拠です。

そして、僕たち自身も薬を飲んだり

よく休み、寝ることで治そうとします。

 

実はこれ、うつ病でも全く同じことが言えるんです。

 

僕たちの体にストレスや過労、プレッシャーなどの

過剰な刺激が加わることで、

『サイトカイン』という物質が出ます。

 

この物質は僕たちの体にダメージを与え、

炎症を起こしていきます。

 

それはからだだけでなく、脳にまで行って

ダメージを与えます。

 

しかし、擦り傷や風邪とは違い、

僕たちは炎症が起こっていることに気づきません。

 

気づくことがないし、病気でもないからいいや~~って

放っておくうちに

 

雪だるまのようにどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんと

炎症がたまり続けます。

 

刺激⇒サイトカインできる⇒体を攻撃⇒疲れやすい、疲れが取れない

 

刺激⇒サイトカインできる⇒脳を攻撃⇒考え方、感情に悪影響⇒うつ

 

といった流れになっていきます。

 

 

サイトカインが僕たちの体に悪影響なのは明らかで、

 

サイトカインが多い人ほど

自己批判、自己嫌悪に陥りやすく、

うつになる傾向も高い、

 

ということがわかっています。

 

 

炎症の原因となるものはなに??

 

風邪の場合なら何かしらの悪い菌が

体の中に入ってくることや

体調管理がうまくできなくなることが原因になります。

 

じゃあ、うつの場合って何が原因となるんでしょうか??

 

最初に軽く触れたように、

ストレスやプレッシャーなどが

主な原因の1つです。

 

ですが、実際はそれだけじゃなくて、

もっとたくさんの原因があるんです。

 

これはハーバード大学の教授により

発表された内容で、

 

僕たちの体が本来適応していたはずの

原始時代の暮らしと、今の暮らしとの比較によって

刺激がなんなのかを探そうというものです。

 

簡単に言うと、

僕たちの体って400万年前?から

ほとんど進化していないわけじゃないですか。

 

なのに科学技術が発展しすぎていて、

それに身体がついていけてないんですよね。

 

だから

「プラス」となる部分がある一方で

「マイナス」となる部分もあるわけです。

 

そしてこの「マイナス」の部分がなんなのかを

見つければ、対策できるんじゃね??

っていうのがこの教授の考え方です。

 

そしてこの「マイナス」を考える基準が3つあります。

この3つの基準と、それを踏まえて

どう「マイナス」に対処するかをお話しします。

 

 

現代に多すぎること

 

わかりやすいところでいうと

人口密度、仕事量、情報量、摂取カロリーなどです。

 

あまりの情報の多さは僕たちの

脳を酷使しすぎてしまい、

脳が十分に休めないことが原因となり、

 

昔に比べて常においしいものをおなか一杯

食べられる僕たちの体は、実際必要なカロリーより

多すぎることで、逆に炎症の原因となってしまいます。

 

多すぎるものは、極力減らす努力をすることで

炎症の原因を抑えていきましょう。

 

 

現代に少なすぎること

 

これは

所属意識、有酸素運動、筋肉を鍛える運動、

睡眠時間、太陽光、野菜の摂取などです。

 

一人でも安心して生きられるという意味では

とてもいい環境ですが、そのせいで

所属意識が持てずにストレスを抱えます。

 

そして、僕としては声を大きくして言いたいところですが、

 

睡眠時間の大幅低下です。

たった100年前に比べても1.5~2時間ほど短くなっていて

十分な睡眠をとれている人なんて

現代の日本ではほとんどいません。

 

睡眠については僕の他の記事を

読んでいただければかなり深くまでわかると思います。

参考程度に。

⇒なんで睡眠について学ぶのさhttp://suiminkakumei.com/archives/157

 

とにかく睡眠についてはあらゆる人に知ってほしい。

わかってほしい。

その思いだけです。

 

あまり書きすぎてもよくないのでここまでにします。

 

少なすぎることは、なるべく増やす努力をしてください。

あなたの不満、悩みは少しづつ解消されていくはずです。

 

 

新しすぎること

 

ざっくりいうと、

電子機器、電磁波、人工照明、加工食品などです。

 

新しすぎて以前の暮らしにはなかったため、

僕たちの体は対応視しきれていないものです。

 

いままで会ったことのないものに出会うとどうなるか。

 

僕たちの体は有害なものとして排除しようとます。

「取り除かなきゃ」というおもいで必死に抵抗しますが、

これこそが炎症の原因です。

 

正直いまの日本にいながら

スマホを捨てたり、

電磁波防護質みたいなとこにこもったりするのは無理です。

 

なのでまずはできるだけ避けるようにしてみましょう。

 

寝る前の1時間はスマホを使わない、

加工食品は人との外食の時のみ

 

とか区切りをつけることが大事です。

 

 

以上がうつ、体の不調の原因と、

それに対抗するための方法です。

 

多すぎるもの、新しすぎるものに触れる機会を減らし、

少なすぎるものを増やす。

 

意識次第で大きく変えることができると思います。

 

途中で触れましたが、

現代の社会人の多くの方は

睡眠時間も少なすぎるし、

睡眠の質も低すぎます。

 

睡眠時間の方は意識を変えて少しでも

増やしてほしいとことですが

 

僕のブログでは睡眠の質を上げるための方法とかを

ガンガン取り扱っていくので

他の記事も読んでもらえたらうれしいです。



生活の質を最短で爆上げするには

 

大学生になってからの僕は
大きな環境の変化、増えすぎた人間関係、
きつい居酒屋バイトからくるストレスに耐え切れませんでした。

 

バイトでは怒られてばかり。
頭が働かないけど、ミスは言い訳できない。
誰も理解してくれない。

 

友達と話すのも嫌で
勉強にも手が付かず
憂鬱な毎日でした。

 

そんな僕は、いま、
ストレスをもろともしない鋼のメンタルを手に入れ、
以前の僕からは考えられないくらい
あらゆることに意欲的に取り組み、
バリバリとこなすことができています。

 

以前であれば落ち込んでいた、諦めていた
そんなことにも取り組んでいる自分に驚きです。

 

充実感と幸せであふれた今の生活が
あまりにも素敵でたまりません。

 

サークルでは面白い先輩、かわいい女の子に囲まれ
幸せに満たされてぐっすり眠れています。

 

ハッキリ言って

 

僕の人生の中で、今がいちばん幸せです。

 

今の生活を手に入れることができたのは
ひとえに睡眠から徹底的に良くしようと
努力してきたからです。

 

僕の手に入れたこの幸せを
あなたも体験してみませんか??

 

まずは確かめてみてください。

 

今だけ期間限定で、

 

『何もやりたくない』無気力状態に陥った僕が
快眠、鋼のメンタル、超集中、そのすべてを手に入れようと
奮闘して練り上げた、確実に使えるドーピング並みの効果をもたらす
ノウハウをまとめた電子書籍、
『Relaxation Provider』を無料でお渡ししています。

 

→電子書籍『Relaxation Provider』を無料で読んでみる

メールアドレスの入力だけで、30秒以内に受け取れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です