宮迫さんらの問題から学ぶべきたった1つのこと

こんにちは、かえでです。

今日の話は気軽に読んでいただけたら嬉しいです。

 

つい先日、宮迫さんと田村さんの謝罪会見がありましたね。

 

会見を開いた主な原因は、2014年に振り込め詐欺グループの宴会で

『闇営業』に参加し、多額を受け取っていたことです。

 

そして今回の騒動では

当初宮迫さんらがウソをついて事実を隠していたことと

 

吉本興業の社長が

「会見を開くなら全員連帯責任でクビにする」

といっていたことが問題となりました。

 

まずはいちテレビ視聴者として

パクりたい1グランプリや運動神経悪い芸人はもちろん

特にアニメ好きな僕としてはハンター×ハンターや刃牙の回はとても沸いたのですが

『アメトーク』で宮迫さんが登場しなくなるのはとても悲しいです。

 

 

僕は専門家みたいなことは言えないのですが、

この騒動から学ぶべきところがあるんじゃないかなと思ったので

今日はそのことについて話していこうと思います。

 

 

たしかに宮迫さんと田村さんの闇営業は悪いことかもしれません。

 

でも僕は彼らを完全否定することもできません。

僕だって自分可愛さにウソをついてしまうことがあるからです。

 

友達から遊びの誘いがあっても行きたくなければ

「その日は別の友達と予定あるから」と偽りの予定を

しばしば入れていました。

 

以前バイトをしていた時にオーダーを通し忘れた時には

誰がとったオーダーかはっきりしていなかったのと、怒られるのが嫌で

「バレてないから」と思い、黙っていました。

 

自分の身を守るため、自分を良く見せるためのウソって誰にでもあると思います。

 

ウソをつくことは、良くも悪くも人間の性なんじゃないかと思います。

ただ、宮迫さんらの会見から学ぶのは『ウソはしょうがない』ということではなく

 

『いかなることにも誠実であれ』

 

ということはないでしょうか。

 

僕たちは考え、話し、行動することができます。

 

ウソをつくときには

考えと話が別物になります。

 

するとどう行動していいのかわからなくなり

うまくいきません。

 

 

僕自身ウソを一切つかない人間には遠く及びません。

誠実なんてものとは程遠いかもしれません。

 

それでも僕にできることはたくさんあるはずです。

 

自分のミスは自分で責任をとる。

やりたくないならその気持ちを柔らかく伝える。

ウソをついてしまったなら全力で謝り、どう償うかを考える。

 

ダサくたっていいじゃないですか。

 

 

仕事のスキルやコミュ力ではなく、人間としての魅力。

 

「この人のそばにいたい、この人と仕事をやりたい」

そう思ってもらえるような、素敵な人間に僕はなりたいです。

 

誠実であろうと努力し、自分がどうあるべきか考えることが、

思考と発言、行動の一致した素敵な人間への第一歩ではないかと思います。



生活の質を最短で爆上げするには

 

大学生になってからの僕は
大きな環境の変化、増えすぎた人間関係、
きつい居酒屋バイトからくるストレスに耐え切れませんでした。

 

バイトでは怒られてばかり。
頭が働かないけど、ミスは言い訳できない。
誰も理解してくれない。

 

友達と話すのも嫌で
勉強にも手が付かず
憂鬱な毎日でした。

 

そんな僕は、いま、
ストレスをもろともしない鋼のメンタルを手に入れ、
以前の僕からは考えられないくらい
あらゆることに意欲的に取り組み、
バリバリとこなすことができています。

 

以前であれば落ち込んでいた、諦めていた
そんなことにも取り組んでいる自分に驚きです。

 

充実感と幸せであふれた今の生活が
あまりにも素敵でたまりません。

 

サークルでは面白い先輩、かわいい女の子に囲まれ
幸せに満たされてぐっすり眠れています。

 

ハッキリ言って

 

僕の人生の中で、今がいちばん幸せです。

 

今の生活を手に入れることができたのは
ひとえに睡眠から徹底的に良くしようと
努力してきたからです。

 

僕の手に入れたこの幸せを
あなたも体験してみませんか??

 

まずは確かめてみてください。

 

今だけ期間限定で、

 

『何もやりたくない』無気力状態に陥った僕が
快眠、鋼のメンタル、超集中、そのすべてを手に入れようと
奮闘して練り上げた、確実に使えるドーピング並みの効果をもたらす
ノウハウをまとめた電子書籍、
『Relaxation Provider』を無料でお渡ししています。

 

→電子書籍『Relaxation Provider』を無料で読んでみる

メールアドレスの入力だけで、30秒以内に受け取れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です