【布団に入ると目が覚める】寝付けない時の対処法。不眠は誰にでも訪れる

こんにちは、かえでです。

 

布団に入った瞬間、目が冴えて眠れない・・・

 

そんな経験ないですか??

 

普段から眠れない方は

根本的に睡眠を解決する必要がありますが、

 

普段はそれなりに寝付くのに

なんだか今日は眠れない・・・・

 

あなたにもそんな時が訪れるんじゃないかなと思います。

 

どんなに良質な睡眠をとっていても

気持ちよく眠れない日って誰にでも来るんですよね。

僕もたまに寝付けない時があります。

 

正直言って、あの時間は大っ嫌いでした。(笑)

 

 

眠れないとどうなるかっていうと

「あれ?なんで今日眠れないんだろ」

と不安になっていろいろ考えてしまいます。

 

で、だんだん嫌になってきて

眠れないことにストレスを感じてしまえば

余計に眠れなくなってしまいます。

 

 

そこで今日は

「眠れない夜の対処法」についてお話していきます。

考え方、行動を少し変えるだけで

上手に向き合えるようになるはずです(^^)

 

 

まずは控えて!お酒、スマホ、直前のお風呂もNG

 

そもそも眠る前にスマホを使うのは厳禁です。

 

眠る前のブルーライトはダメですよー

とか

頭が興奮するからダメですよー

とか言われますよね。

 

 

にしても、お酒やお風呂っていいんじゃないの?

という意見も。

 

気持ちはわかりますが、

具体的な理由についてはこちらにまとめています。

【なんでダメ?】眠る前の最悪なNG習慣4つ【睡眠の質大幅低下】

 

その恐ろしさに驚愕してください。

 

 

一度ベッドから出る

 

眠れなくなったらまずはベッドから出ましょう。

 

眠れないままベッドでイヤ~な気持ちになっていると

 

僕たちの体は

「ベッド=眠れない。ストレス。イライラ」

という認識をしてしまいます。

 

ぐっすり眠るためには

「ベッド=寝るところ」という認識を

体に刷り込ませる必要があります。

 

 

そのために、どうしても眠れなくなったら

一度ベッドから出て、

読書やストレッチ、瞑想やらをしてもいいし

ひたすら、ぼーっとしてもいいです。

(スマホはダメ。ゼッタイ。)

 

とにかくベッドの中で

考え込むのは止めましょう。

 

 

眠れなくても起きる時間はずらさない

 

「寝付けなかったから今日は起きるの遅めでもいいや~」

とかやりがちですが、

 

起きる時間は毎日同じにしましょう。

 

起きるのが遅くなると

その日の生活リズムが全部遅れて

体が眠る準備を始める時間も遅らせます。

 

そうなると

いつも通りの時間に寝ようと思っているのに

全く眠くない日々が続き、

気が付けば寝付く時間は遅くなっていくばかり。

 

やりました。立派な不眠症の完成ですとおもいますが

 

こうはなりたくないですよね。

 

だから、つらいと思いますが

何とか踏ん張っていつも通りの時間に起きましょう。

 

 

 

眠る前の習慣を変えてみる

 

眠る前に何するかって、

思っている以上に

睡眠の質、寝つきの面から言って大事なんですよ。

 

だから、スマホをいじるのはもちろん、

激しい運動や眠る直前の入浴だって

心地良い眠りにとってNGなんですよね。

 

いままでのNG習慣を止めるのはもちろんですが、

その空いた時間で

「寝つきを良くするため、睡眠の質を上げるための習慣を作る」

っていうのもめちゃ大事です。

 

どんな習慣を取り入れればいいんや・・・

ってなったそこのあなた。

 

安心してください。

 

眠る前の「睡眠薬にも勝る最強の習慣」の参考にできるお話も

いまだけ無料でお渡ししている

「Relaxation Provider」の中で話しています。

 

日常のパフォーマンスを上げるためのテクニックを

網羅しているので役に立つこと間違いなしです(^^)

『Relaxation Provider』を受け取る

 

 

週に2回、軽めでいいので運動してみて!

 

眠れない!って日がちょくちょく訪れるようなら

定期的に運動してほしいです。

 

なんでかっていうと、

眠るとき心、神経の疲れはあるけど、

体が疲れ切っていなくてピンピンしていることがあります。

 

どうしても体が元気だと

ぐっすりと眠ることはできません。

 

だからこそ、

適度に疲れさせてあげる必要があります。

 

そうはいっても、

「運動めんどくせえ」ってなるので

こちらで運動のありえないメリットと簡単な運動をご紹介します。

【運動めんどくさ】運動のメリットと1日たった3分の「ジムに行かずにできる」最強の運動とは

 

ざっくりとお伝えしましたが

  • 眠る前のスマホ、お酒、お風呂はNG
  • 一度ベッドから出て眠くなるまでリラックス
  • 眠る前の習慣を変える
  • 運動で体を適度に疲れさせる

 

これらを意識してみてください。

 

眠れない時をストレスなく乗り切れるあなたは強い。



生活の質を最短で爆上げするには

 

大学生になってからの僕は
大きな環境の変化、増えすぎた人間関係、
きつい居酒屋バイトからくるストレスに耐え切れませんでした。

 

バイトでは怒られてばかり。
頭が働かないけど、ミスは言い訳できない。
誰も理解してくれない。

 

友達と話すのも嫌で
勉強にも手が付かず
憂鬱な毎日でした。

 

そんな僕は、いま、
ストレスをもろともしない鋼のメンタルを手に入れ、
以前の僕からは考えられないくらい
あらゆることに意欲的に取り組み、
バリバリとこなすことができています。

 

以前であれば落ち込んでいた、諦めていた
そんなことにも取り組んでいる自分に驚きです。

 

充実感と幸せであふれた今の生活が
あまりにも素敵でたまりません。

 

サークルでは面白い先輩、かわいい女の子に囲まれ
幸せに満たされてぐっすり眠れています。

 

ハッキリ言って

 

僕の人生の中で、今がいちばん幸せです。

 

今の生活を手に入れることができたのは
ひとえに睡眠から徹底的に良くしようと
努力してきたからです。

 

僕の手に入れたこの幸せを
あなたも体験してみませんか??

 

まずは確かめてみてください。

 

今だけ期間限定で、

 

『何もやりたくない』無気力状態に陥った僕が
快眠、鋼のメンタル、超集中、そのすべてを手に入れようと
奮闘して練り上げた、確実に使えるドーピング並みの効果をもたらす
ノウハウをまとめた電子書籍、
『Relaxation Provider』を無料でお渡ししています。

 

→電子書籍『Relaxation Provider』を無料で読んでみる

メールアドレスの入力だけで、30秒以内に受け取れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です