ジャマなラインのせいでぱっちり二重になりません。

「キレイな二重になりたい!」

 

でも。

 

まぶたの上にいくつかラインがあるせいで

幅の広い二重が作れないし

三重のようになり、目が大きく見えない。

 

 

奥二重ラインに、

作ろうとしている二重ラインが吸い込まれてしまう。

 

こんなことなら、一重まぶたの方が

二重作りやすいじゃん・・

 

そう思っているあなたでも

ぱっちり二重をクセ付けていく方法を

3つご紹介していきます。

 

 

・皮膜アイプチを使ったぱっちり二重術

・メイクによって隠す方法

・綿棒を使って元のラインを薄めるには

 

 

完全に元のラインを消すことはできません。

でも、極限までもとのラインを見えにくくすることはできます。

女優さん、モデルさんの中にも

もとの線が残っている方はいるので気にしないのがベストです!

 

 皮膜アイプチでラインを消す

 

夜のクセ付けであれば

ばんそうこうや両面タイプのアイテープで

もとのラインの上にかぶせてしまえば良いんですけど

バレやすいんですよね。

 

そこで僕は皮膜アイプチをオススメします。

(なければ粘着アイプチでも可能)

 

もともとあった奥二重や幅の狭い二重ラインのせいで

アイプチがうまくいかない1つの原因は、

元の線に理想のラインが吸収されてしまうことです。

 

なので、元のラインが目立っているうちは、

元のラインをアイプチで固定しておくと、

理想の二重ラインが吸い込まれずに済みます!

 

 

ステップ①

元のラインがいくつもあるときは、

プッシャーで1つの線にする

(なるべくまぶたの際に作る)

 

ステップ②

ととのえた元のラインを埋めるように

アイプチを薄く塗る

 

 

塗りすぎてしまうと汚くなり、

ラインを消すどころの話ではなくなってしまうので、

うすーく1回でスッとつけましょう。

 

ステップ③

指でポンポンしてのりを均等にする

 

ここでアイプチをラインにそって

キレイにひけていないと、

元の線がキレイに織り込まれません。

 

そうすると結局作りたい線が吸い込まれるので、

慎重にやっていきましょう。

 

 

メイクでごまかす

 

線が多い人でも、

一番上の線さえくっきりさせることができれば

ある程度はメイクでカバーできちゃいます。

 

 

締め色、濃いめのアイシャドウを塗ることで、

もとの線を見えにくく、理想のラインを強調できます。

 

 

綿棒で消したいラインをなぞる

 

完全に消えないとはいえ

もとの線がはっきり残り続けるとクセ付けも難しく

なにより気になってしまいますよね。

 

そこで、

綿棒でお風呂上りに

もとの線を50~100回ほどなぞってください!

 

毎日繰り返し続けているうちに

ラインの周りの脂肪が薄くなっていき、

なじんでいくため、線が目立たなくなります。

 

くせ付ける際にも、メイクの際にも

よりキレイな二重を作るために役立つはずです(^^♪

 

 

最後に

サポートをしている中で

「もとの線が邪魔で二重になりません。」

という質問はたくさんいただきます。

 

もちろん平行二重になりたいという願望も

あるとは思うんですけど、

無理やり平行二重を作るのは難しく、失敗しやすいです。

 

何より大事なのは

自分にあった二重ラインをわかって

その通りにクセ付けすることです。

 

まぶたが重いならまず軽くして

二重を作りやすくする必要があるし、

奥二重がはっきりクセ付いているなら

幅を広げて末広二重を作った方がキレイになります。

 

その点を抑えたうえで

くせ付けにも取り組んでもらいたいです!

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

お読みいただきありがとうございました!

 

一重のせいでメイクが楽しめない
自分だけ写真が
盛れない。
目が細すぎてバカにされてきた。
こんな自分を好きになれない。自信が持てない。

 

 

そんなあなたに向けたお悩み解決ブログです。

マッサージだけでも二重になれますか?」
奥二重の私はどうすればいいですか?」

などの質問から、

『二重になれるまでの期間』
『正しい二重ラインの決め方』

などの疑問まで解決し、
二重を目指すモチベにもなるブログです。

 

記事一覧はこちらから!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です