まぶたのタイプ別!おすすめ二重コスメと特徴

 

今回の内容は、プレゼントの内容から

入れる必要ないかな~と思って省いていました。

 

僕としては皮膜タイプでのクセ付けを

イチオシにしていますが、

 

「他の二重コスメのことも知りたい!」

という意見をいただいたので

ぜひ二重コスメマスターになってください(^^♪

 

 

 

ここでは

  • アイプチ:粘着タイプ
  • アイプチ:のりタイプ
  • アイテープ:両面タイプ
  • アイテープ:片面タイプ
  • メザイク
  • ばんそうこう

 

の6種類の特徴と使い分けについてカンタンに

説明しておこうかなと思います。

 

 

① アイプチ:粘着タイプ

 

⭐おもたい一重さん向け

 

◎カンタン

◎アイメイクとの相性Good

◎二重幅が調整しやすい

◎強引に二重が作りやすい

 

△まぶた伸びやすい

△自然な二重になりにくい

△つけているのがバレやすい

 

 オススメ:アストレアヴィルゴ

 

 

② アイプチ:皮膜タイプ

 

★まぶたが薄く、二重ラインがある方

 

◎ナチュラル二重

◎つっぱらず使い心地Good

◎まぶたへの負担が少ない

 

△まぶたが厚いと二重になりにくい

△キレイに塗るのにはコツがいる

△キープ力はそれほど高くない

(後でコツをご紹介)

 

おすすめ:オリシキ、ラクオリ

 

 

③アイテープ:両面タイプ

 

 

★おすすめ:重たい一重さん、奥二重さん

 

◎はがれにくい

◎キープ力バツグン

◎慣れれば簡単にできる

◎しっかりラインが作れる

 

△ごまかしにくい

△アイメイクとの相性Bad

△まぶたに負担がかかる

 

おすすめ:ワンダーアイリッドテープ

 

 

④ アイテープ:片面タイプ

 

 

★おすすめ:軽めまぶたの一重さん

 

◎理想の二重ラインを作りやすい

◎扱いやすい

◎メイクとの相性Good

 

△まぶたが重いと二重が作りにくい

△幅が狭すぎたり、奥二重だと一日キープは難しい

 

おすすめ:プリュードル ナチュラル

 

 

⑤ メザイク

 

 

★オススメ:ある程度くせがついている人 

 

◎慣れれば早くつけられる

◎メイクオフもカンタン

◎もともと二重のような、自然な仕上がり

◎まぶたにやさしい

 

△慣れるまでが難しく、時間かかる

△まぶたが伸びていたり、重いと汚く見える

 

オススメ:ブリッジファイバー1.6㎜

 

 

⑥ ばんそうこう

 

 

★ぱっちり二重になりたい人

 みんなにオススメ!

 

◎肌に優しくなじみやすい

◎はがすのもカンタン

◎自分に合った二重幅を作りやすい

◎キープ力高い

◎モノによっては、かなり目立たない

 

△めんどくさい

△慣れるまで大変

 

 おすすめ:ダイソーの防水透明バン

バンドエイド肌色タイプ

 

(バンドエイドの方がなじみやすく自然になりやすく

ダイソーの方がしっかりクセづく&コスパ良しです)

 

それぞれの特徴など挙げていますが、

もちろんメリット、デメリットを

覚える必要なんてありません。(笑)

 

ただ、

目的もわからないのに勉強することが

苦痛でしかないように、

 

自分には何があっているのかな?

なんで重たいまぶたにはこの方法なのかな?

という疑問をすっきりさせておいた方が

安心して続けやすいのかなって思います!

 

 

ただ、

使うアイプチの種類を決めるのは大事ですが

どの商品を使うかは

こだわりすぎなくて大丈夫です!

 

この皮膜アイプチがダメだったから

他のやつ使ってみよう、

とアイプチにこだわりすぎると

 

本質を見失って

二重になれなくて後悔するだけなので注意です。

 

二重コスメの特性をわかった上で

毎日のマッサージやクセ付けに

取り組んで言ってもらえたらうれしいです!

お読みいただきありがとうございました!

 

一重のせいでメイクが楽しめない
自分だけ写真が
盛れない。
目が細すぎてバカにされてきた。
こんな自分を好きになれない。自信が持てない。

 

 

そんなあなたに向けたお悩み解決ブログです。

マッサージだけでも二重になれますか?」
奥二重の私はどうすればいいですか?」

などの質問から、

『二重になれるまでの期間』
『正しい二重ラインの決め方』

などの疑問まで解決し、
二重を目指すモチベにもなるブログです。

 

記事一覧はこちらから!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です